中古住宅の入居後の注意点

Posted by in 未分類

 

中古住宅の入居後の注意点

 

新築住宅と違う注意点としては、登記申請をより確実に行うことや、設備状況の確認、またリフォームをする場合は構造部分のチェックなどがあります。
引き渡しと同時に登記申請

住宅ローンを利用するときは、金融機関側も登記関係を入念にチェックするので、ローンが実行されればその収引はある程度安全だということになります。

逆に、ローンを利用しない場合は分で確認するしかありません。

必ず引き渡しと同時に所有権移の登記申請を行いましょう。

代金を支払っていざ炫記しようとしたら見知らぬ所有者の手に渡っていた、というケースもあり得るので、契約だけで安心せず、必ず登記まで確実に行ってください。

 

 

設備関係に問題はないか

 

契約前の下見の段階で、すでに設備などのチェックは済んでいるわけですが、人居したら改めて内外の状況を調べておきましょう。

特に設備関係は、契約時に設備付帶状況について説明を受けますので、その内料の設備が一致しているかチェックします。

また、それぞれの設備に不丹合がないかどうかも確認し、何か問題があればすぐ売り主(仲介業者)に連絡を。

 

 

リフォーム時に構造を確認

 

中古住宅は、最初からリフォームするつもりで買う人も增えています。

マンションは大幅なリフォームはできませんが、一戸ては法的規制の範囲内であれば自分にリフォームできます。

そのリフォームエ事をする際、述物の構造部分が見られるいい機会なので、欠陥や傷んでいる部分がないか調ベておきましよう。

そこで補修工事も一緒にやっておけは、リフォームとメンテナンスをまとめて済ませられます。