モデルルームのような家 広告の坪単価と見積り価格が違う

Posted by in 未分類

 

モデルルームのような家 広告の坪単価と見積り価格が違う

 

 

「こんなにステキな家をこんなに安い価格で建てることができるなんて、夢見たい!」

広告を眺めていて、そんなふうに思ったことはありませんか?

でも、ちょっと待ってください。その広告には、「坪単価00万円(本体価格のみ)」なんて書いてありませんか?

そして、この(本体価格のみ)のところは、坪単価よりも小さな文字でこっそりと書かれているかもしれませんね。

 

ここに落とし穴があります。

家を建てる人と住宅会社では、坪単価の意味が異なります。

家を建てる人にとっての建築費は、言うまでもなく、建築工事に関するすべての費用を意昧します。

つまり「引渡し価格」、その家を建てるにあたって支払うすべての金額のことです。

 

しかし、住宅会社にとっての建築費は違います。それは、建物の本体を建てる「本体価格」という意味合いが強いのです。

ですから、家を建てる人がイメージする建築費と同じにするには、この本体価格にオプション料金をプラスしなければなりません。

オプション料金とは、先ほども書きましたように、照明器具やカーテンなどのことです。

そして、それらに外回りの付帯設備工事費や経費がプラスされ、その合計金額が、あなたに引き渡す価格となるのです。

 

「広告の坪単価を見て、その安さにワクワクしてモデルハウスに行ってみたら、もらった見積書の金額は大違いだった」

現実はといえば、そんな話が多く聞かれます。

大変悲しいことに、オプション分の注文を繰り返すうちに、当初の見積金額の倍近い額にまでふくれあがってしまった、なんて話が後をたちません。

それでも業者は決してあなたに同情しません。

なぜかというと、広告の坪単価と見積り価格が大きく違うのは、住宅業界の常識だからです。

今まで長い間あたりまえのように考えられてきたことなのです。