家を建てるにはまず何をする?いくらかかる?

Posted by in 一戸建て

 

家を建てるにはまず何をする?いくらかかる?

 

 

家を建てようとする時、誰もが一度は真剣に悩みます。

「わたしたち家族にとって、いい家とはどんな家だろう?」
「手持ちの資金で、どれだけの家を建てられるのだろう?」
「希望を聞いてくれる、まかせても安心な業者はあるの?」

さらに、このような悩みを解決しようとすると、今度はまた別の不安が出てきます。

「1つの業者に相談して、断りづらくならないだろうか?」

「営業の人にせかされながら、家づくりをするのは嫌だな」

それでも、なんとか家づくりの情報を得たいと、あなたは、既に家を建てたことがある友人に相談するかもしれません。また、本屋さんに行って住宅雑誌を購入して、研究する方もいるでしょう。

そして、最も多くの方が歩む道が、「ひとつモデルハウスでも見に行くか」と、総合住宅展示場へでかけることなのです。

実は、ここに大きな落とし穴があります。

「モデルハウスなら、気軽に見られるし…」
そんな安易な考えを思い浮かべたその瞬間から、大切なことに気がつかないまま、面白いように業者の言うなりに家を建ててしまうということになります。
モデルハウスは別名「アリ地獄の家」と呼ばれています。

1歩足を踏み入れると、簡単には抜け出せません。

業者の甘い言葉にのってしまったばっかりに、

「思いもよらない高い建築費を払わされた」

「想像していた家と全く違う家ができてしまった」

信じられない話が、ゴロゴロしています。

なぜわたしがそのような話を知っているのかというと、お施主さまの声がたくさん寄せられてくるからです。

誤解のないようにお伝えしておきますが、わたしは

「モデルハウスを見ては、絶対にダメだ!」

「そのような住宅業者からは、家を買ってはいけない」

と言っているのではありません。

 

 

 

では続きはまた次回に。