新築の住まいを生む照明設備の選び方

Posted by in 新築

新築の住まいを生む照明設備の選び方

 
一般的に家族の大半が家にいるのは、室内各所の照明が欠かせない夜の時間帯です。
つまり照明設備の選び方一つで、家族みんなの生活環境がよくも悪くもなるのです。

 

照明設備の光にはいろいろな種類がありますが、大きく蛍光灯と白熱灯の二つに分かれます。
蛍光灯は室内全体を均一に明るく照らす、かっちりとした光。
白熱灯は、ややオレンジがかり、やわらかな印象です。
ムードのあるレストランなどのように、陰影のある照らし方になります。

 

では、家のどこにどんな照明設備を付ければいいのか、具体的に見てみましよう。

玄関や廊下、階段などは常に“通行”で使う場所なので、安全性を重視して隅々まで光が当たるようにします。

お年寄りや小さな子供がいる場合は、低い位置を照らす足元灯の設置も検討したいところ。

リビングにはいろいろな用途があるので、部屋全体を照らす大きめの灯を天井に付け、さらにダウンライト(天井に埋め込む小さめの照明)やブラケット(壁に付ける補助灯)で照らし方のバリエーションを広げます。

 

ダイニングはテーブル上の料理がおいしく見えるよう、テーブル全体に明るい光を直接当てます。

各人の部屋は基本的にその人の好みで選べばいいのですが、内装やインテリアによって室内の明るさが違ってくるので、あらかじめ建築士に相談するとよいでしよう。