ハウスメーカーで注文住宅を建てるとき

Posted by in マイホーム

 

ハウスメーカーで注文住宅を建てるとき

 

 

これまで、建築士に設計を依頼した場合を見てきましたが、ここでは設計と施工をまとめてハウスメーカーに頼んだときのポイントを解説します。

頼れる営業マンをパートナーに一社で済むのはメリット

注文住宅をハウスメーカーに依頼する場合は、設計も施工も一社に仟せます。
設計所や施工業者をそれぞれ探さずに済みますし、複数の契約を結ぶ面倒がないのもメリットの一つ。
メーカーによっては住宅口ーン選びから相談できるところもあるので、できるメーカーが見付かればスムーズなマイホーム収得が可能になるでしょう。

会社でなく営業マンが相手

家づくりの注意点は設針事務所に依賴した場合ですが、違うのは「付き合う相手は一人の営業マン」という点です。
信頼できるメーカーとは、“信頼できる営業マン”と換えてもさしつかえありません。
まずはそんな営業マンから始まりますが、一つのメーカーにそうそう反対なタイプの営業マンはいませんから、最初に会ったとき「どうも違うな」と感じたら、会社自体を変史することも念頭にいてください。
信頼できる営業マンがつかれば、家づくりは半分成功したようなものです。

営業マンにも立場が……

営業マンとの付き合い方で注意したいのが、サラリーマンとして解してあげるということです。
たしかに営業マンは家づくりのパートナーですが、一人の建て主だけのパートナ一ではありません。一生に一度の物でも、営業マンにとっては「常の業務であることをできる限り考してあげましょう。

営業マンと価格交渉はできる?

ある程度の決定権を営業マンに持たせているメーカーもあります。
ただ、大事なのは価格より品質。
大幅な値引きは品質低下の元です。
逆に営業マンから値引きを持ちかけてきたときは、慎重な姿勢を取ってください。