マイホーム 注文住宅の固定資産税の軽減について

Posted by in 固定資産税

 

マイホーム 注文住宅の固定資産税の軽減について

 

 

一般住宅には軽減措置がある

 

マイホームとして家と敷地を所有している場合は、それぞれに固定資産税の軽減措置があります。該当する条件や軽減(課税標,額が減るのか、税額そのものが減るのか)に違いがあるので確認しておきましょう。
軽減措置を受けるには市町村ごとに決められた期口までに屮告が必要です。たとえば、東京都の場合は取得した年の翌年1月31日までに申告します。

 

 

都市計画税は土地のみ優遇

 

建物や土地にかかるもう一つの税が都市計画税で、これも市町村に納めます。

課税対象は市街化区域内に限られますが、通常、街の商菜施設が述ち並ぶ市街化調整区域にマイホームは持てないので、必然的にすべてのマイホームが課税対象です。

都市計画税には土地(住宅用地)に閲してだけ軽減措於があります。一般的な-戸述て住宅の敷地なら該当しますが、広さが床而の10倍以内など一応の基準はあるので所在地の役所に確認してください。

あと別件ですが、マイホームのシロアリ予防費用も考えておきましょう。

 

 

住み始めてからかかる税金と特例を知る

 

家や土地を持っている人は固定資産税と都市計画税を支払うことになります。マイホームにはいろいろと軽減措置があるので知っておきましょう,

 

節税ポイントは見逃さない!

全物件にかかる固定資産税

 

固定試算税は各市町村(東京23区は也京都)に納める地方税で、建物と土地のそれぞれが課税対象となります。所有者に課税されるため、たとえば1月2日に売却された土地や建物は、その年の分を元の所有者が支払うことになります。つまり、取得するならなるべく早い時期のほうが少々お得なのです。

 

 

建物の課税標準額はどのように決まる?

 

土地と同じく固定資産評価基準によって決まります。建物の評価基準は、まずその建物をもう一度同じ条件で建てた場合の費用を計算し、経年変化や使用による損耗の具合、床面積などを考慮して決定されます。