フラット35(S)を申し込むためには

Posted by in フラット35

 

フラット35(S)を申し込むためには

 
①フラット35(S)の受付期間中にフラット35(S)の申し込みができる金融機関に借り入れの申し込みをする
②フラット35の技術基準に加えて、フラット35(S)の技術基準を満たしていることを証明する「適合証明書」を申し込み先の金融機関へ提出する
会社員の特権?

 

財形住宅融資とは

勤め先の財形貯蓄を利用している人だけが受けられる融資があります。初期の金利が低く、さらにフラット35との併用もできるローンです
財形のローンはサラリーマンの味方

財形貯蓄をしていればOK

会社勤務など定収入がある人は、悔JJの給り?を受け取るときに、給料の形で貯蓄する「財形貯蓄」の制度が勤め先にあるか確認をしましょう。

財形貯蓄の残高が50万円以上あれば、住宅金融支援機構などの「財形住宅融資」を利用できます。

 

メリットの多い財形住宅融資

財形住宅融資は返済開始から終了まで5年ごとに金利を見直す定金利制で、最初の5年間の金利は民間融資と比べてかなり低く設定されています。

融資金額は財形貯蓄残高の10倍(4000万円)までで、住宅の購入?または80%が上限です。もし借人額が希望額に満たなかったときで
も、親子や共働きの夫婦の双方が財形住宅貯蓄をしていれば、複数の同居予定家族で中し込むことができ、さらに借り入れができます。

また、フラット35と併用できるので、両方に申し込めば購入?用のすべてをローンでまかなうことができます。借り入れ、当初の低金利と、フラット35による畏期の?定金利のメリットを両方受けられるので、資金計画としてはとても安心度の高い形といえます。