家を建てるときの建物の法的規制 建蔽率と容積率

Posted by in 未分類

 

家を建てるときの建物の法的規制 建蔽率と容積率

 

いくら自分の土地だからといってもそこに建てられる家には様々な法的規制があります,知っておくべきおもな規制について解説します。

 

建ぺい率は広さの上限

 

その土地にどれくらいの広さの家が建てられるかの上限を?めたのが「建ぺい率」です。100niの敷地でも、建ぺい率が60%であればそのスぺースに家を建てなければなりません。

建ぺい率は){J途地域ごとに数?が決まっていて、住居W川地域は30~60%、(準)住居地域は50~80%、(準)商業地域は60~80%とだんだん大きくなっていきます。

 

 

床面積は容積率で制限する

 

建ぺい率だけではどんどん階数を増やせてしまうので、延床面積(家々:体の床面積の合計)の上限として規定されているのが「容積率」です。敷地面稍に対する延床面稍の割合でボします。
容積率も用途地域により決められています。低層階住宅專用地域は50~200%、第一種中高層住居専用地域から近隣商業地域までは100~500%。商業地域は200~1300%と数値が大きく、ビルも述てられるので繁華街が成立するというわけです。

 

 

高さにも細かい規定がある

 

建物の高さは容積率である程度制限されますが、低柄住居専川地域には10mまたは12mの絶対的な高さ制限があるので、料率をクリアしていてもこれにリ丨っかかれば建てられません。

また、周辺の建物の日照を妨げないために、各境界線を基印に一定の範丨用内で高さを制限する「斜線制限」という規制もあるので、業者と契約する前に確認しておきましょう。

建ぺい率と容積率を先に計算しておこう

注文住宅を建てる場合、住みたい家のプランを考えても、それが法的規制をクリアしていなければ無意味。「どれくらいの建ぺい率と容積率で、どんな家が建てられるのか」をあらかじめ検討しておく必要があります。